• HOME »
  • 想い・社長紹介

想い・社長紹介

社長あいさつ独立までの物語しつこい、積極的な営業は一切なしです!地域の中の身近な存在「住まう」家探しをしますせっかくのご縁を大切に行政書士 藤原弘道の「社会貢献」

社長あいさつ

大好きな「住」に携わる仕事を通して、 「一生のおつきあい」をしていただける人間、 企業でありたいという思いで、起業しました。そのためにも、不動産のレベルの高い物件調査を行い、商品提供をしたいと考えております。今や他社のインターネットでの掲載物件も、業界のネットワークにより、自社でも、普通にご紹介・ご契約いただける時代です。だからこそ、「物件」だけではなく、選んでいただける「会社」を目指します。

個人の価値観の多様化、時代の変化、さらに快適な居住環境を求めるお客様のニーズはそのスピードを増して高まっています。 また、めざましい進化を続ける建築技術、法令改正、新法施行、不動産税制、多様化する住宅ローン商品など、お客様にとって以前よりも関心を持つべきことは急速に増えており、今後減ることはないでしょう。

このような時代に、「衣食住」のひとつの「住」に携わる不動産業に携わることに大きな喜びを感じています。

不動産会社に勤務していた私は、会社の決められた枠の中でのサービスではなく、大好きな「住」に携わる仕事を通して、「一生のおつきあい」をしていただける人間、 企業でありたいという思いが日増しに強まり、 お客様に責任も喜びも、より大きく感じられる立場で仕事をしたいと、平成18年10月に27歳で、新会社法を活かして設立いたしました。

ただ、「不動産を紹介して、契約する。」という行為ではなく、この地域にご縁のあったお客様との繋がりも大切にし、「みなみ不動産の藤原だからこそ出来るサービス」のご提供を、ここに誓うものでございます。

法令に絡む専門的な分野については、より的確なアドバイスも不動産業には必要なもので、「みなみ行政書士事務所」を併設しております。

不動産取得税の軽減特例の申告をはじめ、不動産に関する法令や、手続きだけではなく、住民票、戸籍、車庫証明、相続に関する書類相談など、様々なニーズに法務の専門家としてお応えすることができます。

お客様をよりお迎えしやすく、さらに丁寧な応対、心からのお客様への感謝、プロとして品質の高いサービス追求を、 常に目指します。

皆様とのご縁を心よりお待ちしております。


独立までの物語

私、藤原 弘道が、27歳で、「株式会社みなみ不動産」として、独立を果たすまでの軌跡を物語にしてみました。お恥ずかしいですが、私の人となりを感じていただけますととても嬉しいです。

司法試験受験生時代

不動産業での独立を志した原点を振り返りますと、一生懸命に法律の勉強をしていた司法試験受験生時代に遡ります。

私は、高校時代後半から弁護士になりたいと考えまして、神奈川県の東海大学の法学部法律学科に進学し、1年生の時から、司法試験対策講座で勉強するというまじめな、学生としてあるべき姿の学生生活(?)でした(とは言いましても、湘南などへドライブや飲み会が好きだったりと、普通に学生らしくほどよく遊びも「勉強」させていただいてはおります、笑)。

大学卒業後も、司法試験浪人をして合格を目指していました。司法試験は2度受験しました。予備校の模擬試験では、合格レベルの判定を得ることもあり、2度目の司法試験受験では、刑法で最高のAランク判定を獲得するなど上位に入る力をつけ、勉強すればするほどに確実に手ごたえは感じてはいたものの、合格までにはまだ何年かは必要なこと、このまま働かないで歳を重ねてしまうことへの強い不安、新司法試験への移行が取りざたされている時期であったことなどから、受験生活の継続するかどうかという人生の大きな選択にとても悩み苦しみました。

そして、自分の関心や得意なことを何か活かせる道はないかと考えました。そこで、多くの時間を使って学んできた法律、その中で一番好きだった民法、民法の中でも特に、不動産の権利関係に関する分野を得意にしていましたので、「不動産」の仕事に強い関心を持ち、不動産業界を目指し、就職活動を始めました。

大阪のマンション販売会社勤務時代

dokuritsu1 大手求人サイトで、大阪府のマンション販売会社を見つけ、とても魅力的な社長で、上場を目指して、エネルギーのある若い社員が集まっている会社だなあという活気に強い興味を抱き、面接を受けて、採用していただきました。誰も知らない大阪にひとり行くことに不安もありましたが、商売の都と言われるエネルギーのある大阪という新天地での心機一転の挑戦にわくわくして向いました。

ただ、現実はとても厳しい社会人生活のデビューとなりました。地理感覚が全くないのは当然でしたが、岩手で戸建生活に慣れていて、都会でマンション生活をしたことがなくマンションという商品のイメージ、知識が全くないところからのスタート、社会人としてのマナーも分からない、関西弁が分からずうまく会話にならない(笑)、などたくさんのことに悩みました。

それでも、大阪の会社の人、街の人は優しくて面倒見が良くて、ほんまに大好きでした。

大阪で数ヶ月過ごした後、東京の首都圏営業部への配属を命じられまして、再び関東に行きました。

dokuritsu3 横浜でのマンション販売プロジェクトに配属されまして、朝から朝までも働き、休みがほとんどない生活で、なかなか営業職として求められる結果が出せずにやがて心身ともに限界を感じてしまいまして、離職させていただきました。

はじめての社会人デビューは、1年と持たずに、岩手に戻らざるをえないこととなり再び挫折を経験しました。

行政書士、宅地宅建取引主任者試験合格

岩手に戻った私は、運がよいことに、再就職へのスキルを学べる、ポリテクセンターという国の職業訓練校で、簿記とパソコンを学ぶことができました。ここで学んだ簿記の基礎の知識は、今経営者として必須のものとしてとても活きています。

また、時間が多くありましたので、宅地建物取引主任者と行政書士を勉強し、受験して、何とかどちらにも合格して、今の独立開業をできるための資格を得たのはこのとき24歳でした。

盛岡の不動産会社勤務時代

盛岡の不動産会社に再就職させていただきました。若い人たちの会社でとても活気があり、賃貸・売買・宅地分譲事業など、とてもたくさんの分野の仕事をしている不動産会社でした。マンション販売会社と違って、本当に多くの覚えるべき仕事があって、総合不動産業は本当に非常に多くの知識・経験を求められる世界だなあ、自分にもちゃんと出来るのかなあというほどに驚きの連続の日々でした。

ただ、社長に拾っていただいたご恩にとても感謝していましたので、必死に頑張って、結果で応えたいと、自主的に日にちが変わる時間まで一人残ってでも仕事をさせていただきました。

それでも、厳しいマンション販売会社の勤務時代を経験していたことが幸いして、心身への負担は随分少なかったとは感じていました。何よりも生き生きと日々わくわくしながら、疲れ、寝るのも忘れるくらいにひたすらに仕事に打ち込ませていただきました。

勤務から3年近くの頃ですが、ある知人の方から、ある不動産のプロジェクトを独立開業して手伝ってくれないかとお声をかけられました。

おかげさまで多くの密度の濃い不動産の仕事を経験させていただき、また、自分なりに不動産会社の形として理想と思うものを考え始めていましたし、持っている行政書士資格も用いての法務の仕事にも関心を持ち始めていた時期でもありました。

社長にはとてもかわいがっていただいて、これからという時期にとても申し訳ないと非常に悩み苦しみましたが、最終的には思い切って、離職し、独立開業させていただくことを決断し、平成18年10月に、27歳で、岩手県矢巾町の矢幅駅前で「株式会社みなみ不動産」として独立開業を果たさせていただきました。


しつこい、積極的な営業は一切なしです!

「不動産会社に問い合わせたら、しつこい営業をされて嫌な思いをする・・・」

お客様は、そんなイメージを不動産会社にお持ちではないでしょうか?

「株式会社 みなみ不動産」では、そういうご迷惑なしつこい、積極的な営業は一切行っておりません。

大変残念ながら、この業界全体へのイメージはあまり良くないと感じているのが率直なところでございます。

私は、不動産業界での経験が12年目ですが、そのイメージは以前より随分と改善されてきていると感じていますが、現実に今でも、例えば、しつこい積極的な営業でお客様が困ったことがあるという悲鳴はよく耳にすることです。

一般的に、不動産会社は、多大な広告宣伝費、フランチャイズ店加盟を行い、高額なフランチャイズ料を支払ったり、多くの営業マンを雇って経営をしていますので、多大な固定的経費が発生しております。よって、必然的に多くの契約が必要となってしまっている構造が業界に存在するものと思われます。

加えて、この業界では成果主義での厳しい人事評価が行われていまして、自身の生活が掛かっていますので、「売り込み営業」が発生してしまう土壌があるのではないでしょうか?

私は業界内部にいて、お客様のためになる仕事が必ずしもできていないように感じるこの業界には大きな問題点があると同時に、逆に大きなチャンスがあるとも感じました。

そこで、私は、27歳の時に、従来のこの「業界の常識に挑戦」を決意し、独立起業して現在7年目になります。

私は、最高額の商品と時に言われる「不動産」をお取り扱いするこの仕事に誇りを持っております。

また、しつこい売り込み営業をする時間は当社には全くありません。おかげさまで、不動産の仕事でも十分過ぎるほどの仕事量なのですが、加えて、併設する「みなみ行政書士事務所」も多くの法務に関連する専門的なご相談・ご依頼を頂戴いたしておりまして、法的知識の研鑽に多くの時間もかけております。

本当に有り難いことであるのですが、寝たり、休んだりする時間があまりにも足りないですというのが正直申し上げて実情です。

不動産についての判断をお決めになるのは、あくまでお客様に他なりません。

よって、当社では、私たちの仕事は、お客様の求めるニーズに応じて、ご希望に添えるためのお手伝いをさせていただくだけでして、しつこい、積極的な営業をすることが不動産会社の仕事では絶対にないと考えております。

当社におきましては、本当に真剣にお探しのお客様に喜ばれるお手伝いのためだけに、私たちにとっても限られた時間を使いたいと考えております。しつこい、積極的な営業は一切、全く行う必要がないということです。

また、一方でオーナー様の個人情報である物件情報を扱う立場でもありますので、私たち不動産会社の人間をご信頼いただけないと、ご提供できる情報は限定的となってしまうことも時にあります。

そこで、もっともっとご信頼いただける会社に当社がなっていくために実績を積んでいき、当社をご安心してご相談いただけるお客様を増やしていくための努力を日々心がけております。

仕事は、お客様にお喜びいただけるかという視点で常に考えています。

当社では、このような考え方を徹底させていまして、同時に、多大な広告宣伝費、フランチャイズ店加盟を行い高額なフランチャイズ料を支払ったり、多くの営業マンを雇っていない経営でありますから、固定的な営業コストも大幅にカットできているという大きなメリットも享受して、企業として成長を続けております。

当社の、従来の業界と大きく違うこのスタイルは、お客様にとっても、当社にとっても、「ウィンウィン」の「最良のスタイル」であると考えております。

こちらをお読みいただき、ご安心いただき、当社までお問い合わせくだされば、誠に幸甚でございます。

当社への格別のお引き立てとご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

スタッフは少数であるべきと考えております!

「株式会社 みなみ不動産」のスタッフはごく少数です。正直、人手が足りなくて困る時もあります。「もっとスタッフがいれば、もっと多くのお客様に喜ばれるお手伝いができるのに…」こうも考えたりもします。

しかし、スタッフの数をむやみに増やすことはできません。

当社と同じ理念を持ってくれるスタッフでなくては、常に品質の高いサービスを目指す、より良い企業に成長し続けていくことは決してできないからです。

また、徹底した経営努力により、固定的経費を抑えることで、当社では、従来の不動産会社の発想ではなかなか難しいきめ細かなサービスや還元をご提供させていただくことが可能となっております。

この当社独自の特徴のある大きな強みを最大限に発揮し、きめ細かなサービス、お客様への還元をさせていただくためにも、あえて少数で、想いをともにするスタッフだけでというスタイルにこだわります。

ご来店をご予約のお客さまからご案内させていただきます。

当社では、上記のように、従来の不動産会社との徹底した差別化を図り、あえて少数のスタッフでの運営をさせていただいていまして、日々多くのお客様のご応対、不動産調査、契約書類作成作業、行政書士としての法務の仕事もさせていただいております。

そこで、折角のご来店の際に、あいにく不在でしたり、お約束のあるお客様のご応対をさせていただいているタイミングも多くありまして、ご来店をご予約いただいたお約束のお客様からご優先でご応対・ご案内させていただいております。

事前にどのような物件をお探しやご覧になりたいとご一報いただいておりますと、ご希望に近い物件のお探し、直前の空きの確認や鍵の手配を行い、お客様をできるだけお待たせすることなくご案内させていただけます。

もちろん、折角のご来店のお客様にはできる限りのお手伝いをさせていただきます。

ただ、余剰な人員を抱えて、普段は暇でお客様をお待ちしている従来からの業界のスタイルと同じく固定的経費などの余剰なコストにかけるよりも、当社ではその分をきめ細かなサービスやお客様に還元をさせていただきたいと考えております。

おかげさまで、起業時に比して、随分と仕事を多く頂戴していますが、この経営の視点から、あえて大人数の会社の体制にはせず、このスタイルを貫かせていただいております。

このような当社の大きな特徴を何卒ご理解とお引き立てを賜り、当社のご利用をいただきますよう、心より宜しくお願い申し上げます


地域の中の身近な存在

●地域の情報を沢山持っています。

☆見かけた気になる物件、ぜひお問い合わせください。
あまり、一般にお客さまに知られていませんが、インターネットで他社不動産会社さん掲載の物件でも、不動産情報はネットワークになって業界で共有されていることが多いものです。

そこで、お問い合わせをいただければ、当社を通じて、他社不動産会社さん掲載の物件をお取り扱いできる物件のことのほうが多いのです。

また、お客さまがお探しの条件を物件リクエストで、お問い合わせください。

自社取り扱いの物件でインターネット掲載して物件は、こちらからご覧になれます。

なお、ネット掲載作業が追いつかなかったり、ネット掲載ができない物件も多く扱っていますので、お問い合わせいただいたお客さまだけにご提供できる限定情報があることもございます。

ぜひ当社までお気軽にお尋ね、お問い合わせくださいませ。
☆不動産買取事業
良質な不動産物件をお客さまにご提供するために不動産買取事業にも力を入れて行っております。

特に、中古住宅のお買取を強化しておりまして、プロの視点から不動産物件調査を丁寧に行い、必要に応じてリフォームも行っての販売もいたしております。

当社売主の物件は、特におすすめできる物件でございます!

また、早期に不動産をご売却をお考えのお客さまも、不動産お買取に積極的な当社までぜひご連絡くださいませ。

当社では、経営努力により固定的経費を大きく抑えていますので、その分、不動産の高価買取が実現可能となっております。

社会貢献活動CSR活動 (Corporate Social Responsibility)

☆盲導犬育成支援活動
当社では盲導犬育成活動への募金をさせていただいております。

また、お客さまからお寄せいただきます善意もお預かりさせて戴いていまして、誠に有難うございます。当社では、お客さま・お取引先さまに喜ばれて、仕事をさせていただき、その収益を頂戴するという成果から社会に貢献をし続けていくことも、仕事への高いモチベーションにして頑張らせていただいております♪
☆東日本大震災 義援金プロジェクト (平成23年4月1日~9月30日実施)
東日本大震災でお亡くなりになった方々に哀悼の意を表すとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。当社では、被災地の沿岸のお客様も多いですし、当社スタッフにおきましても、家族が岩手県沿岸の出身のため、親戚、知人の多くが沿岸地方に住んでいますので、被災地のあまりにも厳しい状況に、心を痛め、大変心配しておりました。

この未曾有の大災害に直面して、当社にできることは決して多くはないのですが、それでも、被災された地域、被災された多くの方々のために、何かできることをしたいと大震災後、ずっと悩み、考え続けてまいりました。

そして、当社の業務とする不動産業は、「住」という人の生活の根幹をなす必要不可欠な産業でありますから、当社では、不動産業の日々の仕事に精進し、お客様から頂戴する収益の中から、東日本大震災からの復興、被災された方々の支援のための活動としてできることを考え、義援金をお送りする活動をさせていただくことを決めました。

当社では、本当にささやかな支援しかできずに、誠に申し訳ございませんが、少しでも被災された地域、被災された方々のためになりたく、下記の行動をさせていただきました。
○期間:平成23年4月1日~9月30日の半年間

○お送りする義援金:
①物件をお探しでご来店のお客さま1件につき、100円
②賃貸物件の1件のご成約につき、1,000円
③売買物件の1件のご成約につき、10,000円

○義援金をお送りする先:日本赤十字社

結果、下記の義援金をお送りさせていただきました。
○義援金をお送りした日:平成23年10月11日

○お送りした義援金:
・当社から寄付した義援金の金額:70,800円
・お客さまからお預かりした善意の募金の金額:3,604円
・合計金額:74,404円

○義援金をお送りした先:日本赤十字社


上記内容にて、義援金として、日本赤十字社を通じて、全額寄付させていただきました。

被災された多くの方々を思うと、私は、今こうして元気に仕事ができるひとりの人間として、できることを何か始めなければという気持ちでささやかではございますが、行動をさせていただきました。

この取り組みに、多くのお客さまに趣旨へのご賛同をいただきまして、お客さまからもたくさんの善意の募金もお預りさせていただきまして、誠に有難うございました。

この場をお借りしまして、深く心より御礼申し上げます。

あまりに厳しい状況の被災された方々のためにも、今後ともより一層、日々の不動産の仕事に精進し、微力ながらも、今後とも何らかのかたちでお手伝いをできることを続けさせていただきたいと存じます。


以上何卒宜しくお願い申し上げます。
☆エコ(環境)への先進的取り組み
当社の不動産業は、「住」という人の生活に深く携わる仕事です。

そこで、当社では、エコ(環境)への先進的取り組みを行ない、ご関心のあるお客さまへ先進的住宅設備、エコカーをご覧いただき、使用していての感想もお伝えしています。

具体的には、屋根の上には「太陽光発電」、省エネ家電の「液晶テレビ」、「冷蔵庫」、「エアコン」、「LED照明」を導入し、エコカーの「ハイブリッドカー」でのお客さまの物件案内も実施させていただいております。

企業が利益だけを優先して競い合い、環境負荷への配慮を行わないというのは既に時代に遅れていることだと思います。

企業として、エコへの取り組みも競い合う時代ではないでしょうか?

当社では、お客さま・お取引先様に喜ばれて、仕事をさせていただき、頂戴したその収益は、よりエコな先進的な設備投資、取り組みを行い、お客さまにもエコ製品、エコライフをご体感いただける会社であり、ご共感いただけるお客さまと共に意識し、行動し続けること、これも不動産会社としての、大きな社会的使命だと強く考えております。

ぜひ、エコへの先進的取り組みを行なう企業としても、当社をお知りいただき、ご利用いただければ誠に幸いでございます。

当社の日々の活動が、大手マスメディアにも取り上げられました! (Press Release)

当社は、大手マスメディアから、岩手の不動産会社として、異例の取材を受けた実績もある会社です。不動産情報メディア業界大手の株式会社アットホーム様のご評価を頂戴し、取材依頼を受け、全国43,000社以上の加盟不動産会社に配布する機関紙「athome time 平成20年10月号」に登場させていただきました。
sonnzai09sonnzai10
また、起業家としてインタビューを受けたり、日々の仕事な中で心がけていることを大手有力業界誌へ記事を送りましたところ、2度ほど採用して掲載していただいたこともあります。
当社は、地域での日々の活動がお客さまに喜ばれ、選ばれる会社、レベルの高い応対を意識し、日々進化を目指しております。

代表者の私、藤原が27歳で起業した当社は、社会への貢献、提言も続けながら、成長をしたいと考えております。

今後もマスメディア各社様の取材をお受けする機会があれば積極的に応じていきたいと考えております。ご希望の各社様もお気軽にお問い合わせくださいませ。


「住まう」家探しをします

osetsu 不動産のご購入をご検討のお客さまで、ご来店日時をご予約いただいたお客さまには、リラックスしてお話をできる空間作りをしたゆったりした応接室で、どんな住まいをお求めなのか、ご家族のお話をお聞きいたします。

特に、中古物件のご購入など、長く住みたい物件をお探しの場合は、当社では、今ある物件もご紹介させていただきますが、決してそれだけで間に合わせるようなお勧めの仕方はいたしません。

ご家族構成や、どんな生活を求めているのかをお聞きしながら、不動産業界、金融機関などとのいろいろなネットワークを活かして物件を探したいと思います。

中古物件でも、お客さまの求めている生活の条件により近いものをご紹介いたします。

また、住宅ローンについてのご相談や不動産をご購入される際の諸費用、税金についてのアドバイスをさせていただけます。

不動産のご購入のご相談には、お客さまからご希望やご質問をさまざまお聞きさせていただき、お客さまニーズにお応えすることができます。

そこで、お客さまに、ご来店日時をご予約いただき、十分なお時間をいただくことで、お客さまに十分にご満足をいただいております。

また、この応接室では、私のコレクションなどもご覧いただけます。そこからお話が盛り上がり、意外な家族の夢をお聞きするきっかけになったりしています。当社自慢の応接室もぜひお楽しみください。

ライフスタイルに合った物件探しを、心してお手伝いいたします。

たくさんのお話の中からご希望の条件をお聞きいたします

賃貸物件をお探しのお客さまにも、ご希望に近いものを一生懸命お探しいたします。多種多様な物件の中から、これといった物件を探し出すのは大変なものです。

インターネットでの物件検索も、一件ずつチェックするのはとても大変ですよね。当社では、不動産業界内でのみ利用できるインターネットでの検索と、私のネットワーク情報等を組み合わせて、同業他社様が掲載している物件も含めて、広くご紹介させていただけます。

不動産業界での豊富な経験から、お客さまの住まいの理想、条件をお聞きしているうちに、可能な妥協点、ゆずれないこだわりを読み取って、お客さまのライフスタイルに合った物件探しを、心からお手伝いさせていただきます。

sumau01sumau03sumau02

臨機応変なご対応も心がけています

ご来店日時のご予約により、一緒に物件をお探しするのに、十分なお時間を作ります。

当社では、あえて少数のスタッフで運営等の徹底した経営努力により、固定的経費を抑えることで、従来の不動産会社の発想ではなかなか難しいきめ細かなサービスや還元をご提供させていただくことが可能となっております。

そこで、できるだけお客さまのお話をじっくり伺う時間を大切にするために、ご来店のご予約をおすすめいたしております。

しかしながら、お引越しシーズンなどの繁忙期などは、求めている物件をいち早くご紹介して、ご提供することも大切な仕事でございます。

臨機応変のご応対も心がけております。


せっかくのご縁を大切に

「物件が決まれば、あとはほとんど行くことがない。」というところが、「不動産会社」なのでしょうか?

折角気心知れて、一生懸命お探しした住まいの生活が始まったあと、私たちはなにかお客さまと繋がっていける方法はないものだろうか?

不動産会社での勤務時代の「大きな悩み」でした。

当社では、その答えのひとつとして、ご縁があり、ご契約いただいたお客さまにさまざまな情報発信を行っていきたいと考えています。

今後ご希望されるお客さまに、当社で発行するメールマガジ、ニュースペーパーなどで情報発信を行い、例えば、お客さまがプラスになる良い不動産物件の情報、不動産業をやっていていただく中古品のご提供など、お客さまに喜ばれるお得な情報発信を行なっていきたいと考えております。

お客さま還元プレゼント・企画

当社では、あえて小さい規模で、少数のスタッフの会社であり続けることにこだわっていて、余計な広告宣伝費、人件費をかけていないことからできる、アットホームな「プレゼント」や「イベント」などの企画も行い、お客様とのつながりをより深くさせていただく企画をどんどん実施して参ります!!

従来の不動産会社では、なかなかなかった「お楽しみ」「お客さまとのつながり」を、「創業5周年」、「31歳の経営者」という、「新しい会社」である、「株式会社みなみ不動産」は、進んで取り入れてまいります。

例えば、お客様にお送りする年賀状の番号をくじにして抽選でのプレゼントや、私が出張先で購入したご当地のお土産、趣味のひとつとして行っている株式投資でいただく株主優待品のご提供(ディズニーリゾートの株主無料1日パスポートなど)等を行っていきたいと考えております。

「こんな面白い、わくわくする不動産会社はこれまでに知らなかった。」

そういう会社にもなりたいです。

お客さまには、このような企画もお楽しみいただき、当社をぜひご利用いただければと願っております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

いつのまにかお友だち?

サッカー、フットサル、カラオケ、ファイナンシャルプランナーの認定講座も終了していて高い関心を持つ経済、投資信託・株式・不動産などの投資、エコについての話、趣味の共有など、いろんな繋がりが生まれ、いつでも相談しやすい身近な存在でいたいと思っております。

また、「行政書士」という法務の専門家の国家資格にも24歳の時に合格していますので、身近な法務に関係する事柄で詳しいことが多くあると思います。自分で言うのもですが、友達にこういう人間が一人はいると、「きっと人生のどこかで、何かのお役にたてることもあるかもしれない」と、思うところもございます。

「みなみブログ♪」でも、いろいろと私の関心のあることや趣味のお話も載せております。

お客さまと共有できるテーマがありましたら、ぜひお気軽に声をかけてくださいね!
「その時だけの不動産会社で終わりたくない。」

この想いを持って、起業いたしました。

家族構成が変わる。卒業や、転勤などで、また次の場所への移転など。たとえ転居して、この土地から離れることがあっても、その時にまた、声をかけていただけるような、この土地の人間として関わっていきたいのです。

一度住んだ街として、ご縁のあった人間として、また遊びにきていただけるような、そんな存在であり続けたいと思っております。


行政書士 藤原弘道 町の法律家として

当社の大きな特徴は、関連事業「みなみ行政書士事務所」の併設です。当社の代表者の私、藤原 弘道は、国家資格の行政書士という街の法律家として、役所などに提出する行政関係の書類作成業務も仕事として日々取り組んでおります。

不動産業をやっていますと、さまざま書類作成と提出が必要な場面が本当にとても多くあります。

当社では、法務の専門家として、法務の専門知識と高い書類作成能力から、普通の不動産会社にはできない、お客さまニーズに応えるサービスのご提供が可能となっております。

例えば、不動産契約の公正証書にするための文書作成、農地転用、不動産取得税の軽減特例の申請代行、遺産・相続相談、死亡の方の諸手続き等不動産に大きく関係する分野、株式会社の電子定款認証(印紙代4万円が不要)、法人設立、車両登録、車庫証明、住民票・戸籍等の諸証明書の取得、各種契約書作成・許認可申請・届出等多様なニーズのご相談に応じさせていただいております。

また、事務所や店舗探しと契約から、会社設立の手続きまで、私たちが窓口となって、ワンストップでお客さまのニーズにお応えすることもできるなど、行政書士事務所を併設していることで、普通の不動産会社とは大きく違く、広い業務もご提供することができています。

詳細につきましては、みなみ行政書士事務所のページもご覧くださいませ。

予防法務の専門家として、お客さまのために力になりたいです

近年よく「予防法務」という言葉が使われています。

それは、例えますと、病気をしてから、病院に行くことが多いものでしょうが、病気になる前にワクチンで予防したりできるものや症状がありますね。これを現在の契約社会、法社会に置き換えて考えますと、しっかりと双方の確認事項を契約書にすること、書面の内容をよく検討して、理解しないで契約することを避けることなど、生じるリスク要因をさまざま検討して判断することが、後々の法務トラブルを避けるためにとても重要な視点となります。

また、法務トラブルが生じた際にも、病気と同じで、より早い、より適切な処置がその後の経過に大きく影響します。

現在の社会は、法に無頓着では、リスクがとても高すぎるものとなっております。そこで、市民の皆さまに、身近に相談できる法務の専門家がいる必要性はますます高まっていると感じます。かかりつけの頼りになるお医者さんと同じように、身近に法務の専門家がいることが確実に必要な、安心を買う時代です。

とは言いましても、市民の皆さまにとって、法の世界は、「難しい」、「敷居が高い」というイメージをお持ちではないかなあと感じています。

私は、法の国家資格に24歳という若いときに合格をさせていただいた人間の「社会貢献」として、私を不動産のことを通じて知っていただきご利用いただいたお客さまのために、持っている力をご提供させていただくこと、これは仕事であるだけではなく、「社会的使命のひとつ」であると考えております。

そこで、当社では、ご契約いただいたお客さまから、権利義務、事実証明及び契約書の作成等に関するご相談も承ります。

これはもちろん普通の不動産会社にはできない、当社ならではのご提供できる大きな特徴となるサービスでございます。

当社は、単に「アパートを紹介するだけの不動産」で終わるおつきあいの会社では決してなく、お客さまとご縁のあったことで、不動産以外の法務のことでも頼りになる「良き友人」という存在でもあり続けたいのです。

これまでにも不動産のお客様からも、法務に関する書類作成等のご相談を多く頂戴し、おかげさまでご好評いただいております。

もちろん、法の資格には、扱える領域があり、専門分野に細分化していますので、ひとりの人間が全てを知っているということは到底ありえません。

私の場合は、主として、不動産、相続、会社法務に関係する分野を得意としています。私で分からないことは当然にありますが、その場合は、方向性をアドバイスしたり、私の培った人脈のネットワークから、弁護士、司法書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、一級建築士など各分野の専門家の先生を多数知っていますので、ご紹介することもできます。

このように、不動産以外にも、法を専門分野とする私自身にも魅力を感じていただいて、当社をお選びいただけますと、本当に嬉しいですし、有り難いことだと考えております。



独立までの物語

私、藤原 弘道が、27歳で、「株式会社みなみ不動産」として、独立を果たすまでの軌跡を物語にしてみました。お恥ずかしいですが、私の人となりを感じていただけますととても嬉しいです。

司法試験受験生時代

不動産業での独立を志した原点を振り返りますと、一生懸命に法律の勉強をしていた司法試験受験生時代に遡ります。

私は、高校時代後半から弁護士になりたいと考えまして、神奈川県の東海大学の法学部法律学科に進学し、1年生の時から、司法試験対策講座で勉強するというまじめな、学生としてあるべき姿の学生生活(?)でした(とは言いましても、湘南などへドライブや飲み会が好きだったりと、普通に学生らしくほどよく遊びも「勉強」させていただいてはおります、笑)。

大学卒業後も、司法試験浪人をして合格を目指していました。司法試験は2度受験しました。予備校の模擬試験では、合格レベルの判定を得ることもあり、2度目の司法試験受験では、刑法で最高のAランク判定を獲得するなど上位に入る力をつけ、勉強すればするほどに確実に手ごたえは感じてはいたものの、合格までにはまだ何年かは必要なこと、このまま働かないで歳を重ねてしまうことへの強い不安、新司法試験への移行が取りざたされている時期であったことなどから、受験生活の継続するかどうかという人生の大きな選択にとても悩み苦しみました。

そして、自分の関心や得意なことを何か活かせる道はないかと考えました。そこで、多くの時間を使って学んできた法律、その中で一番好きだった民法、民法の中でも特に、不動産の権利関係に関する分野を得意にしていましたので、「不動産」の仕事に強い関心を持ち、不動産業界を目指し、就職活動を始めました。

大阪のマンション販売会社勤務時代


大手求人サイトで、大阪府のマンション販売会社を見つけ、とても魅力的な社長で、上場を目指して、エネルギーのある若い社員が集まっている会社だなあという活気に強い興味を抱き、面接を受けて、採用していただきました。誰も知らない大阪にひとり行くことに不安もありましたが、商売の都と言われるエネルギーのある大阪という新天地での心機一転の挑戦にわくわくして向いました。

ただ、現実はとても厳しい社会人生活のデビューとなりました。地理感覚が全くないのは当然でしたが、岩手で戸建生活に慣れていて、都会でマンション生活をしたことがなくマンションという商品のイメージ、知識が全くないところからのスタート、社会人としてのマナーも分からない、関西弁が分からずうまく会話にならない(笑)、などたくさんのことに悩みました。

それでも、大阪の会社の人、街の人は優しくて面倒見が良くて、ほんまに大好きでした。

大阪で数ヶ月過ごした後、東京の首都圏営業部への配属を命じられまして、再び関東に行きました。


横浜でのマンション販売プロジェクトに配属されまして、朝から朝までも働き、休みがほとんどない生活で、なかなか営業職として求められる結果が出せずにやがて心身ともに限界を感じてしまいまして、離職させていただきました。

はじめての社会人デビューは、1年と持たずに、岩手に戻らざるをえないこととなり再び挫折を経験しました。

行政書士、宅地宅建取引主任者試験合格

岩手に戻った私は、運がよいことに、再就職へのスキルを学べる、ポリテクセンターという国の職業訓練校で、簿記とパソコンを学ぶことができました。ここで学んだ簿記の基礎の知識は、今経営者として必須のものとしてとても活きています。

また、時間が多くありましたので、宅地建物取引主任者と行政書士を勉強し、受験して、何とかどちらにも合格して、今の独立開業をできるための資格を得たのはこのとき24歳でした。

盛岡の不動産会社勤務時代

盛岡の不動産会社に再就職させていただきました。若い人たちの会社でとても活気があり、賃貸・売買・宅地分譲事業など、とてもたくさんの分野の仕事をしている不動産会社でした。マンション販売会社と違って、本当に多くの覚えるべき仕事があって、総合不動産業は本当に非常に多くの知識・経験を求められる世界だなあ、自分にもちゃんと出来るのかなあというほどに驚きの連続の日々でした。

ただ、社長に拾っていただいたご恩にとても感謝していましたので、必死に頑張って、結果で応えたいと、自主的に日にちが変わる時間まで一人残ってでも仕事をさせていただきました。

それでも、厳しいマンション販売会社の勤務時代を経験していたことが幸いして、心身への負担は随分少なかったとは感じていました。何よりも生き生きと日々わくわくしながら、疲れ、寝るのも忘れるくらいにひたすらに仕事に打ち込ませていただきました。

勤務から3年近くの頃ですが、ある知人の方から、ある不動産のプロジェクトを独立開業して手伝ってくれないかとお声をかけられました。

おかげさまで多くの密度の濃い不動産の仕事を経験させていただき、また、自分なりに不動産会社の形として理想と思うものを考え始めていましたし、持っている行政書士資格も用いての法務の仕事にも関心を持ち始めていた時期でもありました。

社長にはとてもかわいがっていただいて、これからという時期にとても申し訳ないと非常に悩み苦しみましたが、最終的には思い切って、離職し、独立開業させていただくことを決断し、平成18年10月に、27歳で、岩手県矢巾町の矢幅駅前で「株式会社みなみ不動産」として独立開業を果たさせていただきました。

TEL 019-611-0413 営業時間9:00~18:00 定休日:毎週火・水曜

PAGETOP
Copyright © 株式会社みなみ不動産 All Rights Reserved.